2017年5月28日日曜日

(41)アイクラーホームの細っそいサッシ

ミッドセンチュリーハウスは現在アイクラーホームの再現を目指していますが、そもそも半世紀ほど前に建てられたお家ですので、性能面では劣るものもあります。現在アイクラーホームに住んでいる住人もまた、そういった面は新しいものに交換して快適に住んでいます。

そんな性能が違う部材のNo1は、外観にも内装にも大きくかかわるサッシ。当時のサッシはアルミ製が主流で、フレームがやたらと細い(あまり気にしてみたことない方もいますよね)、だから目立たなくてカッコイイんです!

サッシは家を建てる時にこだわりたい個所として、よく挙げられますが、アルミ製のサッシは熱伝導率が高く、暑い寒いが直接的に伝わる(結露にも関わる)ため、高断熱の住宅には金属サッシは使用しないのが常識になりました。

規格製品として一般なものは、外側がアルミ製で内側が樹脂製、両面樹脂製、木製、といったところです。

オーダーすれば鉄製なども製作できますが、あるある話でお値段が高くなります。性能が劣るのに高くなる。。悩ましい問題です。

とりあえず、どんな選択肢があるのかを確認にリクシルのショールームに行ってみました。いろいろ実験をした結果表などもあり、樹脂製の性能が一番良いのは分かったのですが、ラインナップが気に入らない。さらに価格も高く気に入らない。という感じでいそいそと帰ってきました。

(リクシル サッシ写真を入れるつもりでしたが、探してもなくて、、、)

樹脂にするか、アルミにするか、、できるだけ細いのがいいけど、結露は避けたい。。。この話で相当な時間を費やしました。

アメリカのホームセンターは家をつくる部材が揃っていて、買い付けでもよくホームセンターに出向くので前々から知ってはいたのですが、土地探しのころからそういう目線で見てみると、なんと樹脂製のお値段が安い。ちょっと安いのではなく、超安い。ことが判明しました。

またビンテージ家具を輸入しているので送料が安く済む、というウチならではのメリットもあります。これを利用しない手はない。と、いうことでアメリカのホームセンターでサッシを全部オーダーすることにしました。

オーダーには手こずりましたが、こちらが届いたサッシ。

現代のアメリカのスタンダードなサッシですが高断熱仕様です。サッシに付いているガラスも標準で、ペアガラスのLow-E。網戸付きです。白枠でちょっとフレーム幅が太目なのが気に入らないのですが、総合的に考えてウチの選択はここになりました。

サッシ一つでこの労力。。先が思いやられる。

ちなみに、、このサッシ。アメリカでの超スタンダード品ですので日本で販売もされています!


ウェブサイト http://www.midcenturyhouse.jp/
フェイスブック https://www.facebook.com/palmsprings
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
(大好評!定点カメラで撮った画像を公開中!!)

 [お問合せ・ご質問はコチラ]    
〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111

0 件のコメント:

コメントを投稿