2018年2月27日火曜日

(75)ウェブ内覧会 リビング編

「家具からはじめる家づくり」リビング編です。

ダイニングとひとつづきになっているリビングには、プライクラフト製のミスターチェアを置きたいがために、ダイニングとの間にラウンジスペースを取りました。
※写真は広角レンズで撮って頂いたので奥がやたら遠く見えています

(家具が入る前)

ミスターチェアは今はブロックの壁の前に陣取っていますが、模様替えも想定の一つで、反対側のシェルフと入替えをしてもいいかな、と思っています。

絨毯敷きのリビングスペースにはロングソファは外に向けて設置し、対面にシングルソファを置いて会話型にしています。
天井のスプートニクランプは見せる照明という位置づけ。光りのバランスを考えて、リビングは天井からの照度は控えめです。ブラケットランプの位置は言うまでもなく想定済み。

(家具が入る前)

現在、サイドボードの上にTVを置いていますが、後々ブロックの壁に壁掛けにしても良いかなと思っていますので、その時はソファを一番奥の壁に付けて、家を見渡せる位置にしようかと思います。


↑ ↑ ↑
こんなお家に住みたい方、ご連絡お待ちしております。


 ウェブサイト http://www.midcenturyhouse.jp/
インスタグラム そろそろインスタグラムも始めます!
住人目線のをアップする予定。


 [お問合せ・ご質問はコチラ]    
〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111 

2018年2月21日水曜日

(74)ウェブ内覧会 ダイニング編

さあ、ここからミッドセンチュリーハウスの真髄の「家具からはじめる家づくり」の主役である家具が入った写真を公開です!!


家具はすべてパームスプリングスより調達!(特権)


土地探しを始めたころからコツコツ集めてきた、お気に入りのヴィンテージ家具たちがようやく陽の目を見ました。
同じ年代ごろに製造された家具やインテリアが入ると、当時の雰囲気が漂います(想像)。


間取りを決めている段階でほとんど使いたい家具が決まっていて、それも一緒に配置したり想像しながら家のほうを調整しました。

こちらテーブルがW2000で大きいのと、椅子を6脚巻きたかったので、両側をガラス面にして圧迫感のないようにしました。


(家具が入る前)


梁の間隔も照明や家具の配置を考えて微調整。


(ちょっと角度が違いますが家具が入る前)


壁付けのシェルフが映えるような壁の色をチョイス。スピーカーも含めてちょうど壁に収まるように壁幅も決めました。


(家具が入る前)


家具が映えるのもお家が器として引き立ててくれるから。
過度な色や装飾は必要なく、シンプル過ぎず。


↑ ↑ ↑
こんなお家に住みたい方、ご連絡お待ちしております。


 ウェブサイト http://www.midcenturyhouse.jp/
インスタグラム そろそろインスタグラムも始めます!
住人目線のをアップする予定。


 [お問合せ・ご質問はコチラ]    
〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111 

2018年2月3日土曜日

(73)定点写真 書斎

リビングやダイニングは色々と紹介してきましたが、
個室(書斎)もこだわり満載の空間に仕上がりました。


書斎奥から玄関方向を見たところ。
上棟当日。

 断熱吹き付けが終わっています。

 リビングと廊下との壁が出来ました。
この部屋は天井裏がありますので、梁は見えません。

塗装の下地段階。

この部屋の 天井は吹き付け塗装です。

一面だけ突板が貼られ、柱に照明が付きました。

で、完成!!

壁にはあらかじめ下地が入っていて、
CSSウォールユニットが付く予定です。


 ウェブサイト http://www.midcenturyhouse.jp/
フェイスブック https://www.facebook.com/palmsprings
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
(大好評!定点カメラで撮った画像を公開中!!)

 [お問合せ・ご質問はコチラ]    
〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111